ファッション

あなたが明日からモテる方法①【ファッション編】

投稿日:2017年3月18日 更新日:

(初めてお越しの方は、こちらもごらんください。こんな人が記事を書いてます。)

 

♂「服に特にこだわり無いしー。取り敢えず裸じゃなきゃいいでしょ。」

♂「お洒落したいけど、お金ないし」

♂「そもそもどんな服装がモテるんだよ。」

 

 

などなど、ファッションでお困りのメンズは多いんではないでしょうか?服装・髪型はめちゃめちゃ重要です。

雰囲気イケメンは服装と髪型を整えるだけで作れます

 

服を買う僅かなお金と、僅かな時間さえあればその日から女子の反応が明らかに変わるので、ファッション・髪型には絶対に手を抜かないで下さい。

女子はあなたを見た数秒で、恋愛対象化どうか判断します。服装・髪型がダサいといくらあなたの内面が魅力的でも一切伝わりません。

「いい人いい人どうでもいい人」で終わります。

 

 

 

お洒落はお金がかるという幻想

よくファッションと言うとお金がかかると勘違している方がいますが、幻想です。今は十分ファストファッション(ユニクロ・ザラ・GU・H&M)でお洒落になれます。

 

ただ、メンズのファッション雑誌ではそんなことは一切書いてません。なぜか、

スポンサーである高級ブランドの服が売れなくなるから」です。

ファッション雑誌は、読者もお客様ですが、それ以上に広告を出しているファッションブランドも大口のお客様なんです。

 

なので、いくら事実であろうが大口のお客様に嫌われる様なことは口が裂けても言えないのが出版社の現状です。

 

 

 

安かろう悪かろうとう言う幻想

次に、

ユニクロ→安い→低品質

と考えてる方もいるようですが、これも幻想です。販売数量が増えれば、1つあたりのコストが安くすみます。

 

同じTシャツを作っても、そこら辺のアパレルが1万円で赤字になるものが、ユニクロなら3000円で十分利益を出せるんです。(原理を詳しく知りたい方はSPAについて詳しく書いてあるココらへんの書籍をどうぞ。)

 

 

 

ユニクロがダサいという幻想

「ユニバレ」を嫌がる方がいますが、ユニクロが大衆向けだけの製品を作っていたのは昔の話です。今はオシャレ感度の高いお洒落上級者もターゲットに商品を展開しています。

 

エルメスの元デザイナーのルメール氏とのコラボラインナップのユニクロUです。

高品質・低価格のユニクロと世界トップクラスのデザイナーが手がけるユニクロUを活用しない手はないでしょう。

(アボカドはユニクロの回し者ではありません。)

 

 

 

服のことは服の専門家に

♂「分かったユニクロUで服買ってくるわ。」

って方、もう少し待って下さい。

服屋で1からかっこいい服を探すのは時間の無駄です。「お洒落大好き」って方以外は服の専門家から学べばいいんです。

 

変なそこら辺のナンパブログとか参考にするのは辞めて下さい。ナンパのスペシャリストが服のスペシャリストとは限りません。

 

 

 

 

 

オシャレになるために外せないコンテンツ

私がめちゃめちゃおすすめしてるのは、この御方というかこのサイト

そうみんな大好きMB師

お洒落っていう定義が曖昧なものを、ロジカルにお洒落とは何かを解説しています。

最初に読むのはこのあたりのページが良いです。

 

 

いや、ホントファッションの神様みたいなお方です。

ホームページ自体は有料メルマガ(月500円)の宣伝も多く、無料で読める部分は限りがあります。無料の部分だけでも、そこらへんのファッション雑誌よりも使えます。

 

「毎月500円はなー。。。」って方は、書籍もあるので、本屋で立ち読みしてみてどうでしょう?

↑この2冊はホントいい本です。アボカドも立ち読みのつもりで本屋に行って気づいたら買ってました。

 

個人的はメルマガもオススメ。毎月ファストファッションベストバイっていう、ユニクロ・GU・ザラなんかで特にオススメの服を紹介してくれてます。

 

 

♂「本とか面倒くさくてよめねぇー。」

♂「サイトも文字多くて読めねぇー。」

 

って、という方は、コチラを↓

 

そう、みんな大好きゲンジ君。

知れねって人居ないと思うけど、インスタブラムとかwearでメチャメチャフォローされてる人です!

 

 

 

 

 

本もサイトも動画もめんどくさって方は

まずこれ↓

次にこれ↓

買っといて下さい。

靴だけは良いの買ってください。長持ちしますし、靴がいいと全身のオシャレ度がまるで違います。

 

 

 

まとめ

・ユニクロでお洒落は実現出来る。

・オシャレになる方法は無料でも入手できる。

MB氏の書籍・メルマガは値段以上の価値あり。

 

-ファッション

執筆者: