デート向きの店 小手先のテクニック 彼女を作るために

絶対に外さないご飯デートの3つのポイント

投稿日:2017年3月22日 更新日:

 

 

♂「よし!あの子とご飯行く約束取り付けたぞ♪とびっきりお洒落な店に連れて行こう。」

 

 

と、意気込んでるそこのあなた!

初デートで、意中の女の子との今後が8割がた決まってしまいます。

一度この記事の3つのポイントを確認してからデートに向かって欲しい。世の中の殆どのメンズのデートは間違いだらけだ!!!!

 

 

 

 

①お洒落過ぎる店・夜景が綺麗な店は初デートでは行くな

まず、世の中の8割のメンズが勘違いしている残念な事実をお伝えしたい。

♂「女の子はお洒落なお店・夜景が綺麗なお店に連れて行けば喜ぶ。」

という幻想だ。あなたが余程自分に自信がある場合以外は初デートでは避けるべきだ。

 

確かに女の子はお洒落なお店・夜景が綺麗なお店で食事することが好きだ。ただし、これには重要な一言が抜けている。

「自分が好意を寄せている異性と」

そう。自分の好きな人とお洒落なお店・夜景の綺麗なお店で食事をするから意味があるんだ。

 

逆の立場で考えて欲しい。

あなたはひょんなことからジャイ子似の女性と高層タワーの28階にあるお洒落なレストランで2人で食事をすることになった。食事はジャイ子がご馳走してくれるそうだ。

どうだろう?あなたは嬉しいだろうか?むしろ

♂「同僚に見られたら嫌だな。」「知り合いに見られたくないな。」

くらいに思ってしまうんではないだろうか?

 

店の魅力が高く、あなたの魅力が低い場合は、

♀「こんな素敵な店で食事してるのに、退屈なのはこの人が魅力がないからだわ。」

という風に思われ、マイナスでしかない。

 

自分に自信がないメンズが、「お洒落過ぎる店・夜景が綺麗な店」でデートするのは自滅行為だ。

 

(彼女と記念日デートに使えるいい店教えろって方はコチラを

 

 

②美味しい店に行け。

では、お洒落過ぎる店・夜景が綺麗な店を避けてどこに誘うか。それは美味しいだ。

ただ、気をつけて欲しいのは、「あなたが」美味しいと感じるかではなく、デートに行く相手が」美味しいと感じるかどうかだ。

♂「そんなのわかんないじゃん」

と思われるかもしれないが、相手の好きな食べ物をリサーチすればいい。大切なのは全てデート誘う相手中心に考えて欲しい。だいたい自分の好物はどんな店で食べても美味しい。

 

ここで、相手の好物のリサーチの仕方が重要だ。馬鹿みたいに

♂「何好きなの?」

♀「うー。パスタかなー。」

みたいにど直球・どストレートに聞くな。普通のことをしても周りと差はつかない。自然な流れで聞いて、好きな食べ物を相手からリサーチしたことを相手の記憶に残すな。

 

♂「相手の記憶に残さずきけねーよ」

って、思われる方も多いと思うが、人間の記憶なんて必ず42%は20分後には忘れられる。(記憶に関する本はコチラがオススメ

簡単だ。

本筋→脱線→本筋

と言う風に話をすれば大抵の場合脱線で話した話は忘れられる。

 

例えば、あなたがカフェで友達とお茶しているシチュエーションを想像して欲しい。

あなた達はホットコーヒーを注文する。ドリンクが来るまでに昔話でもしてたとしよう。店員があなた達が頼んだホットコーヒーではなくアイスコーヒーを持ってきたとしよう。そしたら、よく「あれ?今まで何話してたっけ?」という状態にならないだろうか?

ここで意図的に記憶を巻き戻すので、昔話をしていたことは記憶に残る。

 

しかし、例えば間違えてアイスコーヒーを間違えて持ってきた店員さんが絶世の美女だったとし、話が

♂「あの店員さんめちゃ綺麗じゃない?」

♂「彼氏いるのかな?」などと店員さんの話題に移った場合、昔話を知ていた記憶は忘れられる。

本筋(カフェで注文)→脱線(昔話)→本筋(カフェの店員可愛い)

になるからだ。(ココらへんが詳しく知りたい方はコチラを

 

アボカドが女の子の記憶に残さず好きなものをリサーチする場合はこんな風にします。

♂「◯◯ちゃんすごい育ちが良いって感じの子やね。」

♀「そんなことないよ」

♂「そう?妹か弟おるやろ?」

♀「妹おる」

♂「やっぱり?妹から自分の好物でもネダラれたら、分けてあげる良いお姉ちゃんって感じがする。好きな食べ物何?」

♀「うー。オムライスかな?」

♂「じゃ、妹に「そのオムライスちょっとちょうだい」って言われたら、めっちゃお腹空いててもあげてしまう?」

♀「そりゃ、ちょっとは」

♂「良いお姉ちゃんや。俺の姉にも見習わせたい。妹何歳?」

 

こんな感じで、

本筋(姉妹の話)→脱線(好物)→本筋(姉妹の話)

と言う風に話せば大抵、脱線の話は記憶に残らない。記事が長くなりすぎないように会話の重要な部分だけ書いたが、好きなものをもっと踏み込んでから、本筋の話に戻っても問題ない。

 

♂「そんなめんどくさいことやってられねーよ。」

って思われるかも知れないが、これをすることで「食の趣味が合う気が合う人」を擬似的に作り出せる。

(もちろん相手の記憶に残る場合もあるので、その場合は「好きなもの覚えてくれてたんだ」程度で終わる。)

 

 

 

 

 

 

ご飯デートは飯を食っていけ

そもそもあなたが意中の女の子とご飯デートに行く目的はなんだろうか?空腹を満たすためだろうか?あくまで、デートの目的は、意中の女の子に

♀「また、あなたと会いたい。」

と思わせることがデートの最大の目的だろう。だったら、軽く飯は食っていけ。

 

デート中のあなたは「銀座のクラブの一流ホステス」になりきれ、相手が心地よいと思う時間を最大限に作る努力をすればいい。難しいことではない。相手が一番興味がある話を一緒にすればいい。そう、デートするその女の子自身の話を中心にすればいい。人はみんな自分のことに最も関心がある。(会話の記事はまた別で作成するので、しばしお待ちを)

 

空腹だと頭の回転が遅くなる。軽く食べておくだけで、相手を楽しませることに専念できる。

(食が細くて、すぐ満腹になるってメンズは、チョコレートだけでも良いから食っておけ。)

 

♂「そこまでするのかよ」

と思われるかもしれないが、あなたが選べばいい。

「努力して美女を手に入れる人生」か「なんの努力もせず出会いに困り続ける人生」

 

何もしなければ、何も変わらない。

 

 

 

まとめ

・デートでお洒落過ぎる店・夜景が綺麗な店には行くな。

・女の子の好物が美味しい店に行け。

・デート前は空腹で行くな。軽く食ってから行け。

 

いかがだったでしょうか?大切なのは相手中心で考えること。発想を少し変えるだけで、変わってくるので是非今までのデートの仕方で次に続かない事が多いって方は、これを気にデートの仕方を変えてみてはいかがでしょうか?

 

(お洒落過ぎる店を避けろと言ってるだけで、美味しくて適度にオシャレな店(女子会で使える程度)の店を選びましょう。大衆居酒屋を勧めてる訳ではありません。)

-デート向きの店, 小手先のテクニック, 彼女を作るために

執筆者: