小手先のテクニック

話題に困らないデートで使える会話術

投稿日:2017年3月25日 更新日:

 

♂「女の子と何話せばいいかわからない。」

♂「デート中の気まずい沈黙が耐えられない。」

♂「女の子と共通の話題がなくて困ってる。」

 

などなど、デートでの話題・会話で困ってるメンズは多いのではないでしょうか?

今日は、これさえ知ってればデート中の会話に困らない3つのポイントをご紹介します。

 

(その1)正しいバックトラッキング

よく心理学・NLP・恋愛指南本なんかで登場するバックトラッキング(オウム返し)です。最近は心理学のテクニックなんかがメディアでよく紹介されているので、耳にしたことがある方が多いのではないでしょうか?大抵

 

「相手が言った内容を、繰り返しましょう。」

「相槌+オウム返ししましょう。」

 

とだけ説明されている事が多い。が、これでは、女の子との会話は続かないですよね。

♂「バックトラッキングしても会話が上手くいかねーんだよ。」

って方には是非読み進めて下さい。

 

正しいバックトラッキングの3つのポイント①

女の子言ったことに対して、必ず相手の感情と同調する相槌を入れて下さい。

♀「こないだ。カバン買ったんだ♪」

♂「めっちゃいいやん!新しいカバン買ったんや。」

上の例の「めっちゃいいやん」のところを、「すごいね」「羨ましい」「そうなんだ♪」「初耳!」「いいね。」「ほんまに?」「それ、めっちゃわかる」などなど、相槌を挟んで下さい。

 

必ずしもポジティブな相槌になるとは限りません。

♀「今日仕事で上司に怒られた。」

♂「それ辛いな。上司に怒られてしまったんか。」

など、相手の感情に同調出来るものを選んでください。

 

正しいバックトラッキングの3つのポイント②

バックトラッキング(オウム返し)した後に必ず5W1Hを質問して下さい。これをしないと意味がありません。

話を盛り上げるためには相手の情報、特に「どんなことに興味があるのか」「何が好きなのか」「どんな女の子なのか」を聞き出さないと、ずっと盛り上がらないままです。必ず女の子がした話を広げて、掘り下げて下さい。

 

話1つに対して5W1H、いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)の1つは質問できる項目が有るはずです。

 

♀「こないだ。かばん買ったんだ♪」

♂「いいね。カバン買ったんや。どこで買ったん?」

のような感じです。

 

*蛇足*
買ったという話なら、
♂「いいね。カバン買ったんや。もしかして今話題のヤマト運輸が困ってるアマゾンで買っちゃった?」みたいな
その時の時事ネタなんかも入れれると、ちょっとだけウケます。(時事ネタに疎そうな女の子にはスベリます。)

 

5W1Hの中でも必ず質問してほしいのが、なぜ(Why)の質問です。

単純に「なぜ?」と聞くと、女の子に冷たい印象を与えてしまうので、カバンの例だと

 

♂「いいね。カバン買ったんや。今まで使ってたやつは壊れちゃったん?」 or 「買い物行って一目惚れしてしまったん?」 or 「前から狙ってたやつ手に入ったん?」

のような感じで、「なぜ?」といい部分に踏み込んでください。

 

「なぜ?」で上手く掘り下げられると、女の子の興味・関心 or 人柄・人間性が出てきます。そこで必ず、共感してあげて下さい。

♂「いいね。カバン買ったんや。前から狙ってた感じ?」

♀「うん、こないだ買い物で一目惚れしてしまった。」

♂「わかるわー!たまに有るよな。ビビッときて一目惚れして、気づいたら、手にはショップの紙袋!!みたいな時。」

 

イメージはまさに女子会の女子です。一度会話に自信のない方は女子会に参加してみて下さい。内容の薄い話でも、女子同士が激しく共感し合うので、盛り上がってるような雰囲気が出ます。

 

正しいバックトラッキングの3つのポイント③

バックトラッキングでそもそも何を目的にしているのか?話を永遠と引き伸ばしても、盛り上がる会話は生まれません。

アボカドの考えるバックトラッキングの目的は

 

女の子の「興味・関心」「人柄・人間性」を見つけて共感する。

 

です。

「興味・関心」を発見できれば会話が盛り上がります。

「人柄・人間性」を発見でき、好意を表す、or 肯定出来れば好かれます。

 

ですので、

「(相手の感情に同調した相槌)+(オウム返し)」をしている間に、最後にする質問を必死に考えて下さい。

「相槌+復唱」を、相手の興味・人柄を探るためのベストな質問を探す時間稼ぎに使って下さい。

 

 

バックトラッキングの注意点

この3つのポイントを意識するだけで、格段に相手も話しやすく話を盛り上がるキッカケが見つかりやすくなるはずです。

ただ、バックトラッキング・ミラーリングなどの心理学のテクニックには注意点があります。相手も同じ知識があり、そのテクニックを使ってるとバレた時マイナスにしか働きません。

 

ですので、ホントにオウムのようにオウム返しするのではなく。同じ内容を自分の言葉でオウム返しして下さい。

 

♀「カバン買ったんだ」

♂「良いね。新しいカバンGETしたんや。前から狙ってたやつなん?」

アボカドならこんな感じでバックトラッキングします。

 

(その2)ホット・リーディング

心理学好きの方は、「コールド・リーディング」ということがを聴いたことがあるのではないでしょうか?簡単に引用しますとコールド・リーディングとは

 

コールド・リーディング(Cold reading)とは話術の一つ。外観を観察したり何気ない会話を交わしたりするだけで相手のことを言い当て、相手に「わたしはあなたよりもあなたのことをよく知っている」と信じさせる話術である。「コールド」とは「事前の準備なしで」、「リーディング」とは「相手の心を読みとる」という意味である。

引用元:Wikipedia(コールド・リーディング)

コールド・リーディングは超常現象のようなものではなく、話術の一種なので誰でも専門の本を2・3冊読めば、それなりに実践できるようになると思います。

ただ、「女の子とのデートの会話を盛り上げる」ということが目的であれば、次回のデートから使えるホット・リーディングを激しくおすすめします。

 

ホット・リーディングは誰でも出来ます。

ホット・リーディングというと難しく聞こえますが、簡単に言うと

 

デート前に相手のSNS(Facebook・Twitter・Instagram)で相手の興味・関心を調べておこう!

 

というだけの話です。

SNSに投稿する時の心境を思い出して下さい。きっと誰かに見て欲しい・話を聞いて欲しい・自慢したいなどそんな気持ちをキッカケに投稿してないでしょうか?大抵SNSに投稿してた内容に触れると、女の子は自分からよく話してくれます。

ただし、聞き方を間違えると

♀「え?ストーカー予備軍化この人?」

となりかねないので、聞き方に注意して下さい。

 

 

 

 

女の子が旅行の写真を投稿していたなら、

♂「旅行行きたいねんけど、最近忙しくて全然チャンスないねん。辛いわ。◯◯ちゃん最近旅行とかした?」

 

女の子が買い物で買ったものを投稿していたら、

♂「暖かくなってきたし、そろそろ服とか買いたいねんけど、全然ビビッとくる服と出逢わんねんな。◯◯ちゃん最近なんか買い物した?」

 

女の子がオシャレなランチの写真を投稿していたら

♂「同僚に「お昼のデートで使えるランチの店教えて」って言われたんやけどさ、俺昼は基本吉◯家やから、オシャレなランチの店とか全然知らんくて、◯◯ちゃんオススメのランチの店って言ったらどこ?」

 

などなど、絶対に事前に調べていたということがバレないように話を振って下さい。

また、SNS以外でもカバンの中に文庫本が入ってるのが見えたなら、「読書」の話題を振ってみるのもいいですし、相手の外見・身につけているモノから気になったものを話題にしても盛り上がる可能性が高いです。

 

 

(その3)女の子からの質問を逃さない

デートの間中女の子から、一切質問をされないということは流石にないでしょう。女の子からの質問は絶好の盛り上がりチャンスです。

大抵の場合、女の子の質問の裏側には「自分の話をしたい」という願望が隠れています。

 

♀「今年の夏はどっか旅行行くの?」

という質問であれば、きっとその女の子は「今年の夏ハワイに行く」などの何かしら話を自分に話を振り返して欲しいという気持ちで、あなたに質問している場合が多いです。

ですので、

♂「特にまだ何も予定ないかな。◯◯ちゃんは夏どっかいくの?」

というように話を女の子に振り返してください。

 

その時も、すかさずバックトラッキングで感情に同調して、出来る限り女の子の話を掘り下げ、興味関心・その女の子の人柄を発見して下さい。

 

 

まとめ

・バックトラッキングで相手の興味・人柄を発見する。
・事前に女の子の興味・関心をリサーチし、バレないようにその話をするキッカケを作る。
・女の子からの質問は絶好の盛り上がりポイント。必ず質問で返し盛り上げる。

 

いかがだったでしょうか。特に真新しい発見はなかったと感じる方もいるかもしれませんが、知ってることと実践していることは雲泥の差があります。

一度女の子との会話でお困りの方は、実践してみてはいかがでしょうか。

 

コールド・リーディングをもっと知りた!という方はコチラ↓がおすすめです。

なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて

 

-小手先のテクニック

執筆者: