小手先のテクニック

女の子への正しいボディタッチとは?

投稿日:2017年3月28日 更新日:

♂「明日初デートだけど、手繋いだら嫌われるかな?」

 

♂「手を繋いで、嫌がられないかな。」

♂「ボディータッチしたら、セクハラで訴えられるだろうか。」

 

などなど、付き合っていない女の子とのデートで、どのくらいボディータッチするかは草食系メンズなら誰しも悩んだことは有るのではないでしょうか?

 

女の子から男へのボディータッチは許されても、逆は下手をすると嫌われます。

今回は、嫌われるどころかむしろ好かれてしまうボディータッチの方法をご紹介します。

 

嫌われるボディータッチとは?

そもそも女の子から嫌わるボディータッチとはどんなものでしょうか。

飲み会で隣の上司から腰に手を回された・太ももに手を置かれた・頭を触られる・給湯室でお尻を触られた・・・などでしょう。

要するに、女の子は「興味の無い相手」から「意味もなく」触られるのが嫌いなんです。

 

むしろ好かれるボディータッチは?

まず、そもそもあなたの男としての魅力が低ければ、どんなテクニックを駆使しても無意味ですので、服装・髪型を徹底して、自信がある風を装って下さい。以前にもこのブログでご紹介したように、服装・髪型なんて知っているか知らないかでどうにでもなります。自信がある風もテクニックで一時的に演じれるます。

(以前の記事をまだご覧になってない方はコチラを→服装髪型・自信)

 

女の子がある程度あなたに興味を持っているのであれば、あとはあなたが女の子へボディータッチする理由さえあれば、何度ボディータッチしても嫌われません。むしろ好かれます。

上手にボディータッチする理由を、メンズが用意してしまえば良いのです。

 

①道端にて

女の子と2人で、道路を歩く時はじめは敢えて女の子を車道側を歩かせて下さい。そして、車もしくはバイクが近づいてきたら

♂「あ、ごめん、危ないからこっち歩いて」

と言って、女の子の肘かもしくは二の腕を引いて、車道から離れる方へ誘導して自分が車道側を歩いて下さい。(手首でも可)

女の子にあまり免疫が無い方はこのへんから、始めて徐々に慣れていって下さい。「女の子の安全のため」に触っているので絶対に嫌われません。

 

②エスカレーターにて

 

ショッピングセンター・デパートなどでエスカレーターに乗る時は必ず、女の子が上・メンズが下で乗るようにして下さい。上りのエスカレーターに乗る時は、女の子が上になるように腰にボディータッチして、先にエスカレーターに乗れるよう誘導して下さい。

 

道端で手を引いて、あなたが道路側を歩くということを徹底していれば、

♀「この人は結構紳士なのかもしれない。」

と思われますので、腰にボディータッチしても不快に感じられることはありません。

 

③居酒屋orカフェにて

居酒屋やカフェなどで、

♂「◯◯ちゃん凄い可愛いネイルしてるな。見して」 or

♂「◯◯ちゃん凄い綺麗な手してるな。見して」

などといって、相手の手を取って下さい。その後は適当に手に触れながら

♂「ネイルってやってもらってる間って、ワンちゃんのお手状態で待ってるってほんまなん?」 or

♂「凄い細くて綺麗な指やな。ピアノでもしてたん?」

など適当な話題で話を伸ばして下さい。

 

 

③居酒屋orカフェにて(エセ手相占い編)

♂「◯◯ちゃん手貸して、手相見たる」

♀「え!手相みれんの?」

♂「ん?今日は見れそうな気がする!」

♀「なにそれー。」

♂「うんー。しっかり者で普段誰からも頼られてるけど、実は、ホントに仲いい友達とか彼氏には甘えてしまうタイプやろ?」 or

「凄い美意識が高くで、普段派手に見られがちやけど、実は、家庭的なタイプなんじゃない?」

♀「当たってる!すごーい。」

 

ボディータッチからは少し脱線しますが、エセ占いは80%以上の確率でヒットします。理由は簡単なコールド・リーディングのアンビバレンスというものを使ってるからです。

人間誰しも二面性を持っています。普段はしっかりものでも、気が緩むことだってあります。必ず、相手の外見から判断して分かる特徴

「天然そう」「しっかりもの」「派手」「よく喋る」「物静か」などなどと逆の面の必ず持っているので、それを「実は、◯◯◯なんじゃない?」と言ってあげるとだいたいヒットします。

 

外れても、

♂「やっぱ、手相って向いてないなー。」っで片付けられます。

 

まとめ

・女の子がある程度あなたに興味を持っていればボディータッチしても大丈夫。
・ボディータッチする時は必ず理由を作る。

 

いかがだったでしょうか。体の距離は心の距離です。デートでボディータッチしないよりする方が、確実に相手のの距離を縮めることが出来るので、今までボディータッチ全くしてなかったという方は、これを期にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

-小手先のテクニック

執筆者: